- We’ll help to find your Life’s treasure. ブランドデザインオフィス Kabak’s[カバックス]

Kabak's[カバックス]- Brand Design Office

マーケティング

何を、誰に売るの? 〜セルフマーケティングその1

投稿日:

こんにちは、かばです。

 

起業しよう!と思った時に一番最初に考えるのはタイトルのコレでしょうか。

『何を』『誰に』売るの?

「パン作りが好きだから、手作りパンのカフェをやりたいなぁ」

「資格を取得できたから、ネイルサロンを自宅でやりたい!」

という感じに『売りたい物』はすんなり決まると思うんですね。

っていうかそれがあるから起業しようって思うわけですよね。

私もそうです。でも私の場合『物』じゃないので、なんともモヤモヤとして表現できない…。

 

「マーケティングって言うほどそれだけじゃないし…デザインします、だけでもないし…つまりスキルを売りたいのかも」

 

しかしそれは『自分から見た売り物』という視点なのですね。これだと間違ってはいないけれど、うまく価値を伝えきれていない気がする…。なのでまず

どういう人に売るのかから考えてみる。

「チラシ制作とかで困っている人に、アドバイスしたり代行したりできたら(そこにマーケティング要素も絡めたい)」

「売上に困っている人と一緒にアレコレ考えて、良い方向へ向かうお手伝いがしたい(そこにデザインも含めたい)」

あれ?よく見ると『困っている人を助けたい』が共通してる!

『売りたい』と『欲しい』の合致する場所を見つける図

『売りたい』と『欲しい』の合致する場所を見つけよう

つまり私の売りたい物は『デザインスキル』とか『マーケティングスキル』なんかじゃなくて
『困っている人(お店など)を自分のスキルを使って助けること』

 

だったんですね。これが私の『売りたい物』を売って『与えられること』、つまり『私の価値』です。

 

商売はどんなジャンルでも『自分の価値をお客様へ提供する』ことが基本。

価値観はひとそれぞれだから、それを「すごく価値がある!」と思う人のところへ届けること

つまり考えなきゃいけないのは

『自分の価値』を売ることで『お客様がどう幸せになるか』

なんですね。そのへん、改めて考えると大きな気付きがありそうです。

 

それではまた次回〜!

-マーケティング

Copyright© Kabak's[カバックス]- Brand Design Office , 2019 All Rights Reserved.