KABAK's[カバックス]- Brand Design Office

ブランドデザインオフィス KABAK's[カバックス]- We’ll help to find your Life’s treasure.

ブランディング

【ブランディング】ブランドづくりは「木」で考えるとわかりやすい。

投稿日:

いろいろご相談をいただくなかで、きっかけとして多いのが「宣伝」についてのお悩みです。

もっと売りたい!…それには集客しなきゃ!
とりあえずSNSは必須らしい!が、どうにもうまくいかない…

 

どうやって「宣伝」していいか、わからない…

一生懸命いろいろやってみるけれど、空回りしているような。

競合他社がやっていることをマネしてみるけれど、これでいいのかしら。

 

こうなりがちなのは、「枝葉から考えてしまっている」からかもしれません。

 

太い木にするには、しっかりした根がないと!

ブランド全体を一本の木にたとえると、宣伝というのは「枝、葉」の部分

「この木がなんの木か不明」なままで、ホームページをつくったり、チラシをつくったり、SNSに投稿したりしても

こっちはカエデの葉になり、時には桜が咲いて、あっちではどんぐりがなっている…みたいなことになってしまいます(笑)

 

じゃあロゴを作ればいいのね!

 

あーっ、惜しい(笑)

幹の部分にロゴがあるのは、ロゴやロゴマークはそれだけでブランドをきちんと表すものだからです。

意味や、想いや、方向性をぎゅっとまとめているもの。(そういうふうになっていないロゴもあるかもですが…笑)

 

つまり、ブランドの意味や想い、方向性、ミッションと言われるものがないと、本当は作れないのです。

 

「方法」に悩む前に、「方向」を考える。

宣伝していて詰まったら、「誰に・何を・どうする?」と、考えてみましょう。

一番たいせつなのは「誰に」です。

ここが確立していないと、その次の「何を」「どうする」のかも定まりません。

 

「あなたのブランドは、誰に、何を、どうするためにあるのか、明確ですか?」

 

かばけい
頭がごちゃごちゃになったら、お気軽にご連絡下さい。一緒に根っこの部分を作りましょう!
LINEのトークで感想を送る(お問い合わせもこちらから)

-ブランディング
-, , , , , , ,

Copyright© KABAK's[カバックス]- Brand Design Office , 2020 All Rights Reserved.